« ついに… | トップページ | 期待値について »

2009年7月29日 (水)

ここでやらないと…

2009072921gm00e10000dde3173etw3ts0 赤5m引き絶好の聴牌。

どちらの受けでリーチしますか?

俺はシャボ4枚、両面7枚なので5s切りの4-7s待ちでリーチした。

出和了り期待するなら発狙いのシャボの方が良いし、ちょっと迷った。

2009072921gm00e10000dde3173etw3ts_2 結果はこれ。

シャボなら対面の発で一発ついてハネ満だった。

早い巡目のリーチはとりあえず字牌でかわす人が多いのでシャボでリーチだったかな?

ここからは同一対局中の事なのだが

2009072921gm00e10000e357493dtw1ts2 3200+リー棒、親満と連続で和了り親での一本場。

下家からリーチがかかっているのだけどこのまま行けば海底が下家にまわるので俺はチーしてツモをずらした。

ちなみに下がリーチ時点の手牌だ。

2009072921gm00e10000e357493dtw1ts_2 駄目押し狙いで中くらい押した方が良かったかな?

俺はラス目のリーチにつきあう必要もないと思い、このまま凌いで局が進めば良いかなと守りの体制に。

中を押していればこの後4s引きで聴牌し下家の6pでリーチドラ4(裏ドラ北)の親満和了って下家を飛ばしてトップ終了だったのだが。

2009072921gm00e10000e357493dtw1ts_3 海底ずらした結果がこれ。

安く済んで良かったのだが、ツモらせる為に鳴いたみたいで嫌な感じだ。

しかも押していたら飛ばしてトップ終了だし。

とはいえ終わった事は気にしても仕方ないので気を取り直して次の局に。

2009072921gm00e10000e357493dtw1ts3 親リーかかっている状況。

俺は後少しで逃げ切れると安心してしまい親が海底なのにずらすのを忘れてしまい嫌な予感がした。

スルーしてから海底が親だと気付く集中力の無さ、通常なら一鳴き入った段階で海底が誰なのか確認するのだが、トップ目の安堵感からなのかすっかり忘れていた。

さっきの状況で海底ずらすのなら親リーならなおさらずらさないとダメだよね。

わざわざ一役つくお得な状況をリーチ者、しかも親にまわすなんてぬるさ満開だ。

2009072921gm00e10000e357493dtw1ts_4 嫌な予感は当たるもので海底で裏1のって親っ跳ねツモられた。

集中していれば回避できただけにこれは痛かった。

ツモられたのは偶然だし、仕方ないのだが海底をずらした結果ツモられた前回とずらし忘れてツモられた今回では意味合いが全然違う。

これで勢いにのった下家はこの後ダマ満和了って独走態勢に入った。

2009072921gm00e10000e357493dtw1ts5 東三局二本場、対面からリーチがかかっている状況。

白対子落としでまわしている内にツモれば再逆転できる勝負手聴牌。

ここからどうします?

対面が5p切ってるのでダマで2-5p狙いでも良さそうだが、俺はドラが4mで対面が字牌整理の後の一発目に1m切っているのでドラを持っている可能性が高いと思い、捨牌にドラそばが出ていなかったし巡目も巡目だし2m勝負せずフリテン2-5-8m待ちにとった。

8mカラだし2m1枚出ているので実質2m1枚と5m3枚しかもフリテンという弱い聴牌だ。

対面は2-5m待ちだったので振らずに済んで良かったのだが、この聴牌なら振っても仕方ないと勝負に出るくらいの方が良かったのだろうか?

結局この一戦は二位で終わったのだがミスなく打てていればトップ取れていただろうからもったいなかったなと。

« ついに… | トップページ | 期待値について »

天鳳」カテゴリの記事

コメント


先日は2ラスでの介錯ありがとうございました。(笑ってない眼で)

リーチ判断の画像で赤5s切りが頭を過ぎる私は負け組\(^o^)/
条件の無い東1で何を考えているのかと・・・
鳳凰は役牌を手に留める人が多い印象なので、字牌絡みの判断は補正が必要な気がしています。
「孤立牌を持っている可能性が高いから待ちにする」
「字牌をガン止めしてオリられる事も多いから、ツモ狙いで枚数で受ける」
あれ?結局同じじゃね?

中は押しちゃいそうですが、この形から和了に行くのはどうなんだろう・・・?全然わかりません。

海底ずらしについては、私は脳のキャパが付いていかないのであまり考えないようにしているのですが
安全にずらせるのであれば絶対やるべきですよね。
せめてベタオリしている時くらいは意識できるようにならないと・・・
「ポンでツモを無くせる場合」と併せて取り組みたいです。

フリテン選択のところは、5p切りダマにしそうです。
対面からの直撃でトップになれないので、順位向上を考えるなら安全牌を切りながらツモ専に受けた方が良く見えます。
赤5mツモでのハネ満が頭を過ぎる私は負ke (ry

一枚目
両面を選びます。
シャボの片割れが5sなのがネックですね。
赤5sが手牌に無ければ赤5sツモ期待もあるのでシャボに取るかもしれません。

三枚目
海底ずらしで和了られたのはしょうがないです。

四枚目
中は押します

五枚目
鳴いて海底ずらします

最後
5p切ってダマ
下家に鳴かるもしくは最悪当たりもありそうですが、他も危険なのでそれならテンパイ取りで。

>>巷の打ち手さん
七段昇段おめでとうございます。
私で良ければいつでも介錯を…いやいやあの時はラス先行してたので熱くなって打ってたら運が向いてきてそのトバッチリが巷の打ち手さんに行ってしまったようで^^;
でも鳳凰卓で同卓できて嬉しい限りです。

字牌の扱いについては鳳凰卓でも人それぞれでしょうし判断に困りますね。
今回の場合は5s切り即リーなので周辺は切りづらいでしょうし巡目も浅い事から発狙いのシャボもあったのかなと。 発ツモればハネ確定ですし出和了りの期待度は4-7sより上だと思うので。 とはいえ余程の事がない限り私は両面に受けるでしょうが。 この場合はシャボ、この場合は両面と上手く使い分けできれば良いのですがどちらが有利と判断する基準が難しいですね。

中押すかどうかですが私はラス目のリーチにつきあう必要ないと思いオリにまわりましたが、親番ですしラス目に振ってもまだトップキープできそうですし、仮にハネ打ったとしても29000ほどのトップ目ですから真っ直ぐ行く方が良かったかなと。
海底ずらしは私も鳴きが何回も入るとわからなくなるのですが、元々の自分のツモを追って誰が海底なのか判断してます。
でも海底ずらしはおまけみたいなもんですね。
海底でツモられる事自体頻度が低いですし、押し引きやベタオリなど大事な事は他にもっとありますもんね。

フリテン受けについては私も赤5m引けば跳ねるしツモれば楽になるのになって思ってました。 2m切りでフリテン解消+2-5pをダマで狙うのも良いと思うのですが2m通るかどうかあやしいですし巡目も巡目だったので私も安全策で行って結果的には良かったです。
ただトップ取りなら2m切りだったのかなと思ったのですが難しいですね。

コメントどうもありがとうございました。

>>ガスさん
一枚目
私もドラ3だったので両面に取ったのですが、上にも書いたのですが発受けはどうなんだろうと思ったので。
ツモ狙いと出和了り狙いのどちらが良いのか、両面よりシャボが有利になる条件って何だろうと。
赤5sが手牌にないならシャボというのは良いですね。

三枚目
ずらせるところでずらさない手はないですよね。

四枚目
確かに中切りで良かったと思います。
振ったとしても致命的な点数にはならないでしょうし、親番なので攻めで良かったですね。

五枚目
これは明らかにミスですね。
海底ずらさずにスルーは私もぬるかったと思います。

最後
フリテンツモ期待の5p切りが手堅いですよね。
2mで振り込むと二位すらあやしくなりそうですし。
流局聴牌で次局に持ち越しで良かったかな。
2-5p待ちはおいしそうなのですが2m切ると目立ちますし、通るかどうかもあやしいですもんね。
トップ狙いなら2m切ってフリテン解消で現物狙いもありかと思ったのですが難しいですね。

親番での中押すかどうかが勝負の分かれ目でしたね。
手も整ってましたし、状況も悪くなかったのに凌ごうと考えたのが悪かったです。

コメントどうもありがとうございました。

初めまして。旧ID小早川隆景の時も何度か対戦させていただきました。
対局に関してですが、東2でジュウザさんに12000を打った時は、ドラを7pと勘違いしていました。結果ひどいことになってしまい、恥ずかしい限りです。
1番上の画像は、4-7sにします。ツモ優先です。
1番下は巡目が深いので5p切ります。


はじめまして。
旧IDの方も戦国武将の名前は印象に残るので覚えてますよ。

東2はドラを勘違いしてるのだろうなと思っていました。
567pでチーしてドラ8p切っていたので。
東2局0本場はひどいことになりましたが最終結果は逆転トップなので羨ましいです。

一番上の画像は枚数優先の方が良さそうですね。
何か新しい発見がないかなと思い発のシャボはどうだろうと考えたのですが難しいですね。

一番下は5p切り良いですね。 フリテンですがツモればオッケーですし放銃の危険をおかしてまで2m切って行く巡目でもないですね。

コメントどうもありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1219994/30751977

この記事へのトラックバック一覧です: ここでやらないと…:

« ついに… | トップページ | 期待値について »

無料ブログはココログ